研修医・医学生のみなさまへ

留学

氏名 留学先 留学場所 写真を見る
井出 達也 Roche Molecular Systems アメリカ
古賀 浩徳 Brown University
(Liver Research Center)
アメリカ
川口 巧 The University of Texas
Southwestern Medical Center
(Biochemistry Department)
アメリカ
竹田津 英稔 Cedars-Sinai Medical Center アメリカ
桑原 礼一郎 Beth Israel Medical Center アメリカ -
岩本 英希 Karolinska Institute スウェーデン
深堀 理 国立がん研究センター中央病院 日本
大内 彬弘 新潟大学医学部臨床病理学 日本 -
阪上 尊彦 The Ohio State University Wexner Medical Center アメリカ 現在留学中
桑原 礼一郎

ニューヨーク留学記

平成11年入局 桑原 礼一郎

はじめに

平成17年7月より米国New York州のBeth Israel Medical Center (BIMC) とAlbert Einstein College of Medicine (AECOM) で各々1年間の留学生活を送りました。肝臓の病理診断や肝幹細胞研究に従事させて頂いた2年間にわたるNew Yorkでの研究や生活について御報告させてきます。海外留学を目指す医学生や若手医師の一助になればと思います。

岩本 英希

カロリンスカ研究所留学記

平成19年入局 岩本 英希

留学のきっかけ

久留米大学消化器内科での後期研修を終え、肝臓癌に興味があった私は消化器内科の大学院に入学しました。基礎研究で大学院へ入学する場合は、臨床から離れ、基礎研究のみを行う事も多いのですがが、久留米大学消化器内科の大学院では大学に来られる様々な疾患、病態の患者様に触れ、深い臨床経験を積みながら、基礎的な研究をすることができます。私の場合は、進行期の肝臓癌に対する血管造影を用いた治療を大学で専門的に習得しながら、肝臓癌の血管新生について基礎的な研究を行い、学位を取得しました。臨床を行いながら、基礎的研究を行うことで、実際の診療現場で出会う様々な問題、疑問を基礎的研究で解決する事ができるのです。大学院で臨床と研究を行っていましたが、次第にその経験・知識をどのように世界に発信、表現するべきか?、世界に通用する研究レベルとは何か?と感じるようになり、海外での留学経験を積みたい気持ちが日に日に増していきました。そういう気持ちが高まる中で、消化器内科主任教授である鳥村拓司先生がスウェーデン、ストックホルムにあるカロリンスカ研究所のYihai Cao先生と2006年に共同研究をし、Gastroenterologyに論文が掲載されていたという経緯もあり、2012年に客員研究員として有給で雇用して頂けることになりました。

見学希望・お問い合わせ