入局案内

新・内科専門医制度

2015年以降の医師国家試験合格者から、内科専門医制度が変わりました。サブスペシャルティ領域の専門医資格および内科指導医認定を取得するためには、内科専門医資格を有することが前提になります。後期臨床研修が終了する卒後5年で、まずは内科専門医の資格を得ることを目標とし、その後(あるいは並行して)各専門領域を研鑽し、サブスペシャルティ領域の専門医を取得していくこととなります。なお、消化器内科の主なサブスペシャルティ領域の専門医は、消化器病専門医、消化器内視鏡専門医および肝臓専門医となります。

内科専門医制度の受験資格

※スマホの方は横にスクロールしてご覧ください

日本内科学会「新しい内科専門医制度に向けて」より

各専門医取得のイメージ


※1:内科専門医
※2:消化器病専門医(総合内科専門医取得後、満3年以上の消化器病研修)
※3:消化器内視鏡専門医(満5年以上の消化器内視鏡研修)
※4:肝臓専門医(満3年以上の肝臓病研修、会員歴4年以上)

関連病院主要学会認定施設一覧

施設名 学会認定・指導施設
日本内科学会 日本消化器病学会 日本消化器内視鏡学会 日本肝臓学会
久留米大学医療センター
JCHO 久留米総合病院
大牟田市立総合病院
柳川病院
公立八女総合病院
社会保険 田川病院
聖マリア病院
熊本セントラル病院
筑後市立病院
朝倉医師会病院
国立病院機構 九州医療センター
JCHO 佐賀中部病院
清和会 長田病院
済生会 二日市病院
戸畑共立病院
済生会 日田病院
西日本病院      
亀田総合病院
大浜第一病院