入局案内

後期研修医プログラム

後期研修医プログラム

初期研修を終了された先生方を対象に、消化器・肝臓専門医を目指して消化器病領域全般にわたる幅広い知識と技能を習得していただくことを目的としています。消化管および肝臓グループに所属する専門医・指導医の指導のもと、豊富な症例経験が可能です。また1 年間の大学病院研修中に上部消化器内視鏡検査・腹部エコー検査、肝癌治療に必要な専門的診療技術(血管造影)の習得を行います。

消化管疾患について…消化管グループは上部腫瘍、下部腫瘍、静脈瘤、胆膵、炎症性腸疾患の5つのグループに分かれています。消化管出血、急性腹症など基礎的な疾患の診療はもとより、それぞれのグループが専門性の高い検査および治療を行っており、幅広い疾患を学ぶことができます。

肝疾患について…当科では肝炎、肝癌における最先端の治療を学ぶことができます。全国の肝疾患拠点病院と連携して肝疾患の制圧に向けた取り組みを行っており、後期研修生は、診療、研究両面からこのような活動に参加することが可能です。

プログラム内容はこちら >> 後期研修医プログラムpdf


研修での到達目標

一般目標 General Instructional Objective (GIO)

日進月歩の高度な消化器医療を実践するために、消化器内科医として必要な臨床能力を習得し、問題解決型の思考過程を身に着けます。

行動目標 Specific Behavioral Objectives (SBO)

指導医とともに入院患者を受け持ち、初期研修医の指導にもあたるなど、消化器内科チーム医療の修練を通して以下を目標とします。

1. 消化器疾患患者の医療面接、身体診察を適切におこなうことが出来る。
2. 診断に至るための検査を適切に組み立てることが出来る。
3. 検査内容を理解し、その適応、禁忌について説明できる。
4. 検査結果を自分で判断できる。
5. 消化器科医として必要な検査(内視鏡検査、腹部エコー、血管造影など)や処置などをおこなうことが出来る。
6. 最善の治療方針を立てることができる。
7. 患者・家族に検査・治療の目的、内容、結果等を説明することができる。
8. 他の医療スタッフへ情報提供を適切に伝えることが出来る。
9. 学会参加、文献検索など、必要な医療情報を収集できる。
10. 学会発表、論文作成を行い、医学の向上に努めることが出来る。


研修の実際

入院患者約60名のうち、消化管約25名、肝臓約35名に分けられます。消化管と肝臓の2班を3−4ヶ月の期間毎にローテーションし、研修を行います。希望により高度救命センターのローテーションを行います。
毎週月曜日と金曜日の週2回新患カンファレンスが行われており、問題症例、貴重症例について消化器全体でカンファレンスを行っています。毎週金曜日に教授回診が行われています。さらに、各専門分野のカンファレンスとして肝癌カンファ、肝炎カンファ、胆膵カンファ、消化管カンファを週1回行っており、研修医はカンファに参加し、担当患者さんのプレゼンテーションおよび議論に加わっていただいています。


認定医・専門医の習得について

当科では、内科認定医、消化器病専門医、消化器内視鏡認定医、肝臓病専門医などの専門医取得のための教育プログラムを用意しています。当科入局後、内科学会、消化器病学会、消化器内視鏡学会、肝臓学会に加入していただきます。卒後4年目までに内科認定医を習得し、消化器病専門医、消化器内視鏡認定医、肝臓病専門医の習得を目指します。また将来的には各学会の指導医・評議員など指導者としてのスキルを習得していくことが可能です。