新着情報

  • トップページ
  • 新着情報
  • 野田先生が筆頭著者、川口巧が責任著者、国立国際医療研究センターとの共同研究の論文がHepatol Resに掲載されます

野田先生が筆頭著者、川口巧が責任著者、国立国際医療研究センターとの共同研究の論文がHepatol Resに掲載されます

【原著】
査読有
doi:10.1111/hepr.13350
PubMed No.:30993774
ISSN:1386-6346
2017 Impact Factor:3.418

誌名:Hepatology Research(Hepatol Res)
発行年月:2019年4月
巻号頁:inpress 2019

論題:High Serum Interleukin-34 Level is a Predictor of Poor Prognosis in Patients with Non-viral Hepatocellular Carcinoma
著者:Yu Noda, Takumi Kawaguchi, Masaaki Korenaga, Sachiyo Yoshio, Sho Komukai, Masahito Nakano, Takashi Niizeki, Hironori Koga, Atsushi Kawaguchi, Tatsuya Kanto, Takuji Torimura
  • 女性医師からのメッセージ
  • スタッフ紹介
  • 外来担当医表
  • 先端癌治療センター